CAR-Eg 【カーイージー】

クルマやバイクなどのニュースや情報、コラムなどを発信しています

トヨタ 86、2017年モデルをニューヨークモーターショーで初公開。

 

米国トヨタ販売が3月17日、ニューヨークモーターショー2016(3月23日開幕)で「トヨタ 86」の新型2017年モデルを初公開する事を発表しました。

これまで「トヨタ 86」米国では「サイオン」ブランドから「FR-S」という名称で販売されていました。
この度のサイオンブランド廃止によるトヨタブランドへの移行により、名称が日本国内モデルと同じ「トヨタ 86」に変更されます。

今回の発表では、86のデビュー以来初の大幅な改良がほどこされると見られ、フロントパンバーの形状やLEDヘッドライドの新しいデザイン、エンジン出力は205psと見られております。

また内装デザインや素材、足回りもダンパーやスプリングの調整、ギアレシオまで見直されているようで、馬力とトルクのアップだけではなく、全体的に見直されているようです。

現在トヨタのラインナップで唯一となる86の大規模バージョンアップという事で、今までは製造自体は富士重工(スバル)の工場で行われていた車体の製造も「86 GRMN」(限定車)においてはホワイトボディを富士重工から輸送して、かつて「レクサス LF-A」が生産されていたトヨタの元町工場で生産するなど、トヨタが86自体に相当力を入れていきたいという姿勢が見て取れる気がします。

様々なクルマ雑誌でも次期スープラの開発がBMWと共同で行なわれているなど、トヨタにもスポーツカーのイメージが徐々に復活しているようなきざしを感じます。

86は、トヨタの開発者自身がユーザーの意のままにカスタマイズして楽しんで欲しいとコメントされているクルマです。
レーシングドライバーの谷口信輝さんが自前で購入した86のスーパーチャージャー仕様カスタムなど、このクルマを手に入れた人は自分の好みに合わせて色々と手を加えられて楽しまれているのではないでしょうか。

このようにユーザーやアフターパーツマーケットから愛されているクルマはとても幸せだなと感じます。

今後も色々な「ハチロク」が登場し、スポーツカーというカテゴリを牽引して、盛り上げていって欲しいと思います。

 - 国産車, トヨタ, ニュース, クルマ ,